ツクモグサを見に

 恒例のツクモグサを見に出かけました。

今年は、雪が多くて大変でした。

Rimg0619 Rimg0620 Rimg0615

アズマヒキガエルの上陸

 我が家の池のアズマヒキガエルが上陸を始めました。

例年ですと、ほぼ同時に上陸するのですが、今年は2回に渡って産卵されたようなので、まだ足の出ていないオタマジャクシもいます。

 雨が多いので今年は干からびる個体は少ないかな。

長野市 旭山

 久々に長野市の旭山に登りました。

前回は、長野商業側から山腹を這いずり上がりましたが、今回は朝日山観音からなのでらくちんです。

Rimg0488_1

 朝日山観音から車道を10分ほど歩き、登山道に入ります。

Rimg0493

 山頂までは残り10分で山頂へ行くか、展望台へ行くかとなりますが、面倒な方は展望台のほうがよいでしょう。展望台からは長野市街地の眺めがとても良いです。

Rimg0505

ドリス・デイ 氏亡くなる

 ドリス・デイさんが亡くなったとのこと。

「知りすぎた男」でケ・セラ・セラを歌いましたね。ジェームス・スチュアートと共演で美男美女というところでしょうか。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。

 

蓼科山

 久々に蓼科山に登りました。昨日は早朝から夕刻まで行事が詰まっており、山行決定は前日の21時過ぎというありさまでした。

 大河原峠までの車道が冬季閉鎖のため、今回は七合目登山口から登りました。01 七合目の駐車スペースはほぼ埋まっており、皆さんこんなに早くから登っているのでしょうか。03 登り始めて勾配がきつくなるころから残雪が出てきます。チェーンスパイクを装着してガシガシ登ります。 それにしてもこの勾配はきついわ。

05  青息吐息で将軍平の山小屋に到着。山頂にはまだベッチャリ雪が付いています。

06  さて、頂上目指して登りますか。まだ早い時刻なので雪面もしっかりしていて歩きやすいのですが、これから気温が上がりそうなので踏み抜きが多くなりますかな。特に頂上直下の急こう配は恐怖を感じます。07 普段は頂上で一杯というところですが、今回は恐怖の下りがありますので、将軍平まではお預けですな。12  頂上直下の下りも最初の50mほどを過ぎると安心感が出てきてぶっ飛ばし始めます。

将軍平で大休止した後は、登山口を目指して激下りしました。

 ちょっと早く下山しすぎました。

アズマヒキガエル

 今朝、アズマヒキガエルの鳴き声が聞こえました。

昨年は4月15日に産卵をしているので、結構遅れていますな。

それだけ寒かったのでしょう。けれども、ツバメの飛来は早かったような。

第52回佐久市強歩大会

 久々の暖かさの中、大会が開催されました。

 今回は25回連続踏破がかかっているのですが、秋から全く走れていなくて、歩きのみの練習となっており、最初からタイムは諦めての大会です。

 スタートこそ前列でしたが、その後ズルズルと後退していきました。

それでも、各目標地点の通過タイムは前回とほとんど同じで何とか踏ん張っている感じでした。

野辺山以降、杣添橋付近まで約10キロを走ったのですが、結局前回とほとんど同じタイムでした。これは脚力が弱っていて、歩幅が短くなっているせいで、足の回転数が多くても距離が稼げないということです。

 その後も何とか前回のタイムを維持していたのですが、残り10キロで息絶えました。

それでも大幅な遅れはなく、スタート前の10時到着を1時間以上早く到着することができました。

 大会関係者、参加者の皆様、お疲れさまでした。

池の掃除

 昨年は4月1日に実施したようですが、今年は寒くてそんな気になれず、13日遅れの本日実施しました。

 金魚は2匹残っているだけで黒メダカは30匹以上残っていました。

 その他の生物は、ヤゴが1匹、ミズカマキリが2匹、マツモムシが10匹以上、小さいゲンゴロウが1匹でした。ミズカマキリとマツモムシは駆除しました。

 明日以降、新たな金魚を投入する予定です。

碓氷峠越え

 恒例の碓氷峠越えをしました。

 この時期は、雪がないのですが先日の降雪が結構あったようで、山越えはパスして国道18号旧道を使い、熊ノ平駅から廃線歩きとしました。スタートの矢ヶ崎公園はひっそりしています。

Rimg0226
 国道18号旧道にもまだ雪が残っています。
Rimg0229
 群馬県側に下りれば、暖かいと思ったら、風が冷たいわ。
Rimg0233
 この時期に来ると、木々の葉がないので眺めがよく、いつもはわからない構造物も見えてきます。
Rimg0236
 カモシカの子供が一頭でいました。カモシカは視力が弱いのでじっとしていることが多いですね。
Rimg0239
 熊ノ平駅に到着。食事をしていたらキツネが寄ってきて困りました。多分餌を与える方がいるのでしょう。こちらは早々に撤退。
Rimg0240
 熊ノ平駅からは、廃線跡を歩きます。左が新線上り、中央が新線下り、右が遊歩道となります。
Rimg0243
 トンネル内は、照明が点いているので懐中電灯は必要ありません。
Rimg0244
 めがね橋。誰もいません。この時期、ミツバツツジが咲いているのですが、本年は寒くてだめですな。
Rimg0251
 丸山変電所跡に到着。このころになると、横川駅方面から歩いてくる方が多くなります。変電所横のサクラは8分咲きでしょうか。
Rimg0258
 横川駅に近づくに従い、サクラの開花が進んでいます。
Rimg0261
 鉄道文化村に特急あさまの廃車が置いてありますが、無残ですな。

小和田駅から大嵐駅へ

 飯田線の小和田駅から大嵐駅まで塩沢集落経由で歩いてきました。この計画は平成29年の年末に行った中井侍駅までの逆パターンということで今回1年越しで実施することができました。

Rimg0146
 早朝の大嵐駅は誰もいません。ここから小和田駅まで電車で移動です。
Rimg0148
 中部天竜始発の電車でしたので、乗客も少ないですな。
Rimg0160
 小和田駅をスタート、製茶工場跡地を右に進みます。河畔道路を過ぎると廃屋が目につきます。最近まで住んでいる方がいらっしゃったのでしょう。
Rimg0170
 約40分で塩沢集落に到着。まずまずのタイムですな。
Rimg0184
 ここからは林道歩きですが、舗装されているので大したことはありません。
Rimg0200
 門谷集落集落では作業されている方もいらっしゃいました。この先で西山林道に入り、大嵐駅を目指します。
Rimg0202
 結構な勾配で下っていきます。途中に廃屋もありますが、1軒だけ生活感のある住宅がありました。
 大嵐駅に到着。大嵐駅は立派な駅舎ですが無人となっています。所在は静岡県の浜松市ですが、実際に利用する方は愛知県の豊根村の方々でしょう。
Rimg0218

 

«燕

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ