カーナビが壊れた

 東京へ行く用事があり、ナビで目的地を指定。出発したら20キロ走ったところでナビに異常。

車を停めて再起動をかけたり、系列販売店付近のwifiでデータ更新をしたりしましたが、最終的に「販売店に相談してください」というメッセージが出てしまいました。

 ということで、ナビなし地図なしで動物的感で目的地にたどり着きました。

 帰宅途中で販売店により、見てもらったらマイクロSDカードの異常ではないかとのこと。接点を擦ったらシステムが起動したようですが、今後もこのような症状が出るとのことで、マイクロSDカードの交換ということになりました。

野反湖からカモシカ平

 ノゾリキスゲを見に、カモシカ平に向かいました。

早朝の野反湖は幻想的です。

Rimg1476

 登山者が少ないせいか、笹の刈払いがされておらず、昨日の雨と露で下半身はびしょ濡れとなります。

Rimg1483

三壁山に到着。何もありません。

Rimg1486  遠くに横手山が見えます。

Rimg1488

この道じゃずぶ濡れになるわな。

Rimg1489

それでも笹原は綺麗です。

Rimg1490

遠くに草津白根山

Rimg1491

カモシカ平が見えてきました。

Rimg1492

登山道がよく見えますが、休む場所が見当たりません。

Rimg1495

シモツケソウ

Rimg1498

カモシカ平到着

Rimg1501 Rimg1502

笹の中を歩いて裸地へ向かいます。

Rimg1503 Rimg1506 Rimg1509 Rimg1511 Rimg1514

高沢山山頂

Rimg1519

高沢平

Rimg1522

エビ山

Rimg1525 Rimg1527 Rimg1531 Rimg1532 Rimg1533 Rimg1536 Rimg1540 Rimg1544

乗鞍岳から三本滝へ

 当初の予定では、三本滝の駐車場から車道を肩の小屋入口まで、そこから登山道という計画でしたが、雨のため中止。麓のせせらぎの湯で入浴しちゃいました。

Rimg1418  ところが、晴れてきてしまい、結局登ることにしました。ただし、今からじゃ徒歩では無理なので往路だけバスを利用しました。

Rimg1424

 畳平は強風。けれども晴れていましたので、さっさと登ります。畳平下のお花畑はクロユリが満開でした。

Rimg1429Rimg1433Rimg1435

 肩の小屋到着。この頃までは晴れていた。

Rimg1437 Rimg1438

 これから先は、雲の中。酸素も薄いので苦労しました。

Rimg1439 Rimg1440 Rimg1446 Rimg1450

 肩の小屋からは雪渓横の登山道を下ります。

Rimg1450

 車道脇には高山植物が沢山咲いています。通行規制のかかった区間ですので、逆に環境が守られているのかもしれません。

Rimg1457 Rimg1458 Rimg1464 Rimg1466

 位ヶ原山荘からは降雨となり、辛い下山となりました。

Rimg1469 Rimg1470

 

蓮華温泉周回(2日目)

 今朝の天候は、曇りですが、高曇りなので展望はばっちりです。

Rimg1270

 朝食後、すぐに出発。水平道に道をとりますので、右に曲がります。

Rimg1273

 朝日小屋では、朝食時に登山道の状況を教えてくれます。水平道は最初の雪渓が危ないだけで、フィックスが張ってあるので注意して渡れば問題ないとのことでした。

Rimg1275

 噂では水平道も大変ということでしたが、時間の稼げる良いコースでした。

Rimg1277Rimg1278

水平道を抜けると小桜ヶ原となります。名前のとおりハクサンコザクラの群落があります。

Rimg1297 Rimg1301

小桜ヶ原から見る朝日岳です。

Rimg1302

ツバメ岩通過

Rimg1313

 ツバメ岩を通過し、じきに水場があります。このコース、年によって水場があったりなかったりするので、水を確保しておくことが重要でしょう。

Rimg1315

このコースは花の宝庫なのでつい時間がかかってしまいます。

Rimg1317 Rimg1318

雪倉岳のトラバース 延々と続きます。

Rimg1326Rimg1327Rimg1328Rimg1330Rimg1336Rimg1337Rimg1340Rimg1341

デカい荷物を背負ったねーさんに遭遇。

Rimg1342

雪倉岳山頂に到着 3回目で初めて晴れた。

Rimg1343Rimg1345Rimg1350

ツクモグサがまだ咲いていました。

Rimg1351

 鉢ヶ岳の雪渓を渡ります。数か所ありますので、要注意。

Rimg1363

鉱山道分岐。まだ通行止めのようです。

Rimg1366

三国境到着 しばし休息して小蓮華山に向かいます。

Rimg1369

Rimg1373 Rimg1376

さらば白馬岳

Rimg1377

白馬大池が見えてきた。

Rimg1380Rimg1384Rimg1386Rimg1388

雷鳥発見

Rimg1391

船越ノ頭

Rimg1393

雷鳥坂には雷鳥はいませんでした。

Rimg1395

白馬大池 このシーズンなのに静かです。

Rimg1400

さて、最後のアルコール燃料注入。激下りに備えます。

Rimg1404

途中で燃料切れ。カミさんに千切られた。後は一人ぼっちの下山。

Rimg1406

カミさんから10分遅れで蓮華温泉到着。

Rimg1410

早速露天風呂に行って疲れを取ります。

Rimg1412

良い山旅でした。

 

蓮華温泉周回(1日目)

 恒例になりつつある、蓮華温泉発の朝日岳・雪倉岳・小蓮華山周回コースを歩きました。

今年は、朝日小屋で1泊。下山後蓮華温泉で1泊と贅沢な山旅にしました。

Rimg1167

 天候が悪いという予想なので、例年ですと駐車場が満車なのですが9台しかありません。

Rimg1171

鉱山道分岐。この先で忘れ物を思い出し、引き返します。約2キロ30分のロスでした。走って戻ったので疲れてしまい、この後遅れることに。

瀬戸川橋に到着。雨がポツポツと。

Rimg1176

ひょうたん池脇の倒木にエノキダケ

Rimg1178

白高地沢橋に到着。すでに疲労困憊。アルコール燃料注入。

Rimg1179

カモシカ坂の木道。整備されているのですが、単調でまた疲れる。

Rimg1181

カモシカ坂突破。視界が開けますが、見る余裕なし。

Rimg1183

花園三角点通過。予定より遅いかな。

Rimg1186

この先右に曲がるとすぐに水場があります。

Rimg1192

白いタテヤマリンドウ

Rimg1195

多少の雪渓歩きは問題なし。

Rimg1200

ユキワリソウ

Rimg1201

オオサクラソウ

Rimg1203

青ザク通過

Rimg1205Rimg1215

この雪渓は、チェーンスパイク装着のほうが速く通過できるでしょう。

Rimg1225

ハクサンゴザクラの群落

Rimg1227

吹上のコル。栂海新道の分岐

Rimg1229

朝日岳山頂

Rimg1236

日本海がよく見えます。

Rimg1239

チングルマ

Rimg1240

朝日小屋が見えてきた。小さく見えるのは我々を抜いていったねーさん。速すぎ。

Rimg1245

キヌガサソウの群落。今回の山旅ではこれでもかっていうほど、キヌガサソウを堪能できました。

Rimg1246

朝日小屋到着。本日14名ということで、個室対応でした。

Rimg1261 Rimg1262

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬ヶ原・尾瀬沼

 毎年恒例の尾瀬ヶ原に出かけました。今回は、尾瀬沼に抜けるコースです。

まずは、鳩待峠を最初に下ります。Rimg0878

その理由は、尾瀬ヶ原の木道をのんびり歩きたいからです。Rimg0883

山ノ鼻まででも結構花が楽しめます。Rimg0899

予想通り、尾瀬ヶ原は快晴。Rimg0907

Rimg0909 Rimg0920 Rimg0930

レンゲツツジがまだ咲いていました。

Rimg0939

定番の逆さ燧ケ岳

Rimg0947

Rimg0954 Rimg0970

田代十字路(見晴)に到着

Rimg0998

Rimg1007 Rimg1008Rimg1015

尾瀬沼に抜けました。

この後、南岸をとおり三平下に向かいます。

Rimg1022 Rimg1029 Rimg1036 Rimg1039

シャトルバスは当然パス。

Rimg1046

くだくだと下りましたが、予定時刻より若干遅れて大清水に到着しました。

Rimg1047

花の風吹大池へ

 またまた悪天候の予想。ということで稜線歩きのない、風吹大池に行くことにしました。

登山口は土沢(つんざわ)登山口です。Rimg0750

駐車場というより、駐車スペースという感じで、台数はあまり停められません。

登山道の道標は登山道の真ん中にあり、結構見やすいです。

Rimg0751

 湿り気の多い登山道なので、ギンリョウソウが多くみられます。

Rimg0753

 途中、沢が白くなっている場所があります。温泉成分のせいだそうです。

Rimg0767

 風吹大池は北アルプス最大の湖だそうです。池の周囲は花の宝庫でありながら、登山者の少ない静かな山旅が楽しめます。

Rimg0811 Rimg0813 Rimg0815 Rimg0816 Rimg0817 Rimg0827 Rimg0835 Rimg0847 Rimg0849 Rimg0856 Rimg0873

消化不良を解消に

 昨日、平標山を悪天候のため撤退したので、消化不良解消に霧ケ峰に出かけました。

レンゲツツジのシーズンなので人は少なくのんびりと歩くことができました。

Rimg0711 Rimg0714 Rimg0716 Rimg0721 Rimg0727 Rimg0729 Rimg0742 Rimg0747 Rimg0749

 

雨を避けて

 天気予報では、どこも雨。ようやく探し当てたのが、山梨県の甘利山。

この山はレンゲツツジで有名なのですね。

 夜中に現地に着いたのですが、すでに駐車場は満車状態。皆さん行き場がなかったのかな。

その理由がわかりました。お目当ては富士山だったのですね。ここからの富士山の眺めは素晴らしい。

駐車場から甘利山まではほんの数分なので、我々はその先の千頭星山まで足を延ばしました。

 Rimg0630 Rimg0635 Rimg0647 Rimg0649 Rimg0654 Rimg0667 Rimg0669

ツクモグサを見に

 恒例のツクモグサを見に出かけました。

今年は、雪が多くて大変でした。

Rimg0619 Rimg0620 Rimg0615

«アズマヒキガエルの上陸

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ