« 片倉館 | トップページ | 凹んだ »

クロメダカ

 池の氷も溶け、池の中の生物も動き始めたようだ。

 金魚は大きいし、色が付いているのですぐに認識できるが、クロメダカは保護色なので、水面を良く見ていないといるかどうかわからない。

 昨年は、クロメダカの隠れる場所を作らなかったので、繁殖できないほどの大打撃を受けたが、今年はどうであろうか。

 池の表面を見ていると、浮いているゴミの間に2匹のクロメダカを発見。ゴミの量も多かったので、池をかき混ぜゴミをすくっていると、流れの緩やかな場所にクロメダカの群れを発見。大凡15匹くらいを確認することができた。昨夏は、池の中に大きな篭を入れ、その中でホテイアオイを入れておきそのままにしておいたので、クロメダカはこの中に隠れていたのかもしれない。ただし、この池には3匹のオニヤンマのヤゴも生息しており、当然ヤゴもこの中にいるので、ある程度の捕食は覚悟していた。

 金魚、クロメダカの生息は確認できたが、ヤゴのほうは1匹の死骸が確認できただけで後の2匹はわからない。

 なお、この池にはミズカマキリも時々入っており、クロメダカの天敵となっている。

« 片倉館 | トップページ | 凹んだ »

「クロメダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103807/14129972

この記事へのトラックバック一覧です: クロメダカ:

« 片倉館 | トップページ | 凹んだ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ