佐久市強歩大会(その1)

 今年も歩いてきました。
 午後7時頃は、雨がぽつぽつと降り始め、何年連続の雨中大会かと思いましたが、その後は雨もやみ絶好の大会日和となりました。
 スタート後は、保健センターまで先頭が規制されていますのでゆっくり歩きます。今大会は皆さんおとなしいのか4キロ付近の駒井あたりで前後に開きが出てきます。その後もそれほど飛ばしているわけではないのですが、保健センター手前で先頭集団が見える位置まで追いつきました。今年は先頭は相当抑えたのかな。
 保健センターを過ぎると後は例年通りのペースでということで下りは走って登りは歩くを繰り返します。特に大門ダム付近は例年アドレナリンが出ていて無理をして登るのですが、今年は無理せず登ります。
 今大会に臨むにあたって、例年通りの走り込みができていないということと、3月のハーフマラソンで5キロ付近から脚が痛くなってしまったということで、目標設定を午前10時とし、野辺山までを相当抑えるということにしました。また、アミノ酸を数か所で摂取するということで5本持ち歩き、水分も麦茶を持参し甘いものは避けるという作戦でいきました。
 案の定、大門ダムで既に脚が痛いのですよ。この時点で先行者は40人くらいでしょうか。自分の休息地点である清里のセブンイレブンまでは抜きつ抜かれつというか、自分のペースを貫きます。清里のセブンイレブン到着は昨年より5分早着でまずまずのタイムですかな。ここで5分ほどの休憩をとります。以前みたいにさっさと出るよりもしっかり休息したほうが結果は良いようである。
 清里の手前から気温がぐんぐん下がっているようで結構寒い。上着は3枚着ているのですが寒さが堪えます。ここで不安が的中。下痢の症状。この大会に出ると結構下痢をするのですよ。といっても食べたものがすぐに出てしまうというものではなく、ただ水状の下痢なのです。ということで走ると出てしまうので我慢我慢。
 野辺山到着は昨年より5分早着ですが、下痢ピンなのでトイレを使用したので出発は昨年と同じ時刻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン日本勢惨敗

 日本勢は惨敗でした。村山選手が先頭集団にいたが無理だろうと思っていたら、やっぱり落ちてきた。予想外だったのは、青学の二人であった。彼ら二人は大健闘であると思う。

 この結果を見て、元十種競技の武井壮氏が『「タイムを目指したトレーニングをするからタイムが上がる」と主張、「遅いタイムでの駆け引きの強さに拘るうちは成長はない」と、現状を憂いた。との記事があった。』

 言わんことはわかるが、選考会で負けたら終わりである。日本人以外の選手は選考会とは無縁なので日本人同士で駆け引きするのは仕方のないことである。

 マラソンの代表枠は3あるようであるが、2時間6分を切らないとオリンピックに派遣しないなどの措置を取らない限りはこのまま遅い展開になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球観戦

  2年ぶりに神宮球場に野球観戦に出かけました。

 連休ということで、東京は閑散としていると思ったら、結構の人出でした。

 ということで、まずはつば九郎先生のご挨拶。Rimg0060  相変わらず太っているな。Rimg0061_2 てなことで、試合開始。
石川選手が先発でまずは好調な滑り出し。相手投手もなかなかの出来で投手戦を帯びてきました。

 スワローズがエラーで1点を獲ったのですが、試合展開がどうも怪しい。5回と6回に1点ずつ獲られ、逆転される。それに対し、スワローズは全く良いところなし。畠山選手の一発しか得点のチャンスは無いかなと思っていた8回表。四球などで満塁のピンチで代打と投手交代。

カキーン!初球満塁本塁打。中澤投手。あなたは私に試合途中で帰る勇気を与えてくれたよ。
 最後は、売店で御用されるポスターを見て、帰りました。Rimg0069 まあ、こんな感じで球場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン選考

 またもやマラソンの選考で疑義が生じているようだ。

 横浜Vの選手と大阪3位の選手である。選考レースでVなのであるからすんなり出すべき。それとも、横浜国際女子マラソンはカスな大会なのであろうか。

 毎回繰り返す選手選考。選考レースは持ち回りで一発勝負がよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック 総括

私が総括するのもおかしいが、ちょっと気になったので。

今回もマスコミがメダルメダルといって大騒ぎしていたが、結局いくつとったのであろうか。

世界ランキング的に言って、無理と思われる選手までおだてるというか、世間に期待を持たせておいて、結局は残念でしたみたいな放送には胸糞悪くなりました。

選手は今持つ力を発揮できれば良いのですよ。その結果が最下位でも仕方がないと思います。

今回のメダル獲得数が史上2番目ということですが、新種目での獲得が多いと言うことは、選手人口が少ないということで、今後期待は持てません。

やはり選手人口が多い種目を強化しないといけないのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック レジェンド

 ジャンプラージヒルで葛西選手が銀メダルを獲得しました。

 レジェンドということで、だいぶもてはやされているようです。

 前回大会だと思うのですが、茶髪で出てだいぶ批判を受けたようですが、今回はしっかり中年おじさんを醸し出しており、言動もそれなりで好感を持っていました。

 22年間の競技生活で、個人メダルは初めてのようです。彼が個人メダルを獲得するには22年間の我慢が必要だったのでしょう。

 今シーズンのW杯が調子が良かったのは、何か吹っ切れたのではないのでしょうか。

 とりあえず、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック プルシェンコ選手

 プルシェンコ選手が、持病の悪化で棄権したとのこと。

 男子フィギア界の巨星として君臨してきましたが、持病の悪化で本オリンピックを断念ということです。

 競技中にみじめな姿を晒すことなく、引き際のきれいな引退でした。

 プルシェンコ氏の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック クロスカントリー女子10キロクラシカル

 日本期待の石田正子選手は15位となりました。

 見た限りでは動きはあまりよくなかったようです。

 体も、北欧の選手はデカイですが、日本人は貧弱ですね。

 でも、30キロフリー頑張ってください。

 さて、次はバイアスロン女子15キロだ。頑張るんですぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック バイアスロン女子10km

 鈴木選手が39番スタートから32位にランクアップしました。

 射撃のミスが1発ということで頑張りましたね。

 32位という順位はオリンピック自体では決して上位ではありませんが、今の日本のバイアスロンの実力からすれば立派な成績だと思っています。

 まだオリンピックでの競技がありますので、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチオリンピック ジャンプノーマルヒル

 メダルメダルと騒いでいましたが、結局は葛西選手の8位が最高でしたか。

 まあ、葛西選手については今シーズンの実力からメダルの可能性はあったのですが、他の選手のメダル獲得は博打ですね。

 マスコミがメダルメダルと騒ぐのは止めましょう。選手に無用なプレッシャーを与えるだけです。

 快便堂は、今の実力を発揮できれば成績は問わないというのがスタンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧