【映画】カサンドラ・クロス

 久々にカサンドラ・クロスを見た。いいねー。
鉄道が好きなので、鉄道に関連する映画は好きである。本作のほかは、「007ロシアより愛をこめて」もオリエント急行を使ってましたね。
 さて、本作は好きなのですが、突っ込みどころもだいぶあるようです。まず、けん引する機関車が電気なのかディーゼルなのか不明なのである。架線がないのに電気機関車がパンタグラフを下げて走っているのであるが。
 ディーゼルエンジンで発電してモーターを回す電気式のディーゼル機関車はあるが、電化区間と非電化区間を走れる機関車などあったかな。
 ヘリコプターで犬と病人を吊り上げるシーンであるが、架線があったりなかったり。こんなに頻繁なことはないでしょ。
 カサンドラ・クロスという橋があるわけではなく、実際にはフランスのガラビ橋を使っているようです。美しい橋ですな。映画では廃線となって何年もたっているのに、線路がピカピカ。
 コアな方はもっと突っ込みどころがあったと思うが、これもオタクの性ということで許してちょ。

かげろう忍法帖

 本日をもって、BS-TBSで放送されていた「かげろう忍法帖」が終わってしまった。

 公称エロ親父である快便堂も放送される午後6時には努めて帰宅するよう努力していました。

 水戸黄門の外伝であるから、至極真面目なのであるが、放送直後からお色気たっぷりで、世のエロ親父の心を癒してくれたのであるが、ワンクルーで終わってしまった。

 本放送は、月曜午後8時というゴールデンタイムであったが、さすがにこのお色気ではPTAから総スカンを喰ったのではないのだろうか。

 中野みゆきさんの復活は無理であろうが、エロ親父の活力として復活してもらいたい。 

朝ドラ「おひさま」

 まあ、今回は長野県(絶対に○州とは言わんぞ!くたばれ信○!頑張れ信濃!)が舞台なので久々に毎日視聴しています。

 快便堂2は60年も前の話はわからんとのことであり、喜んで見ている快便堂と対立しているのであるが、両者一致するところがある。それは

 
斉藤由貴が邪魔ということである。あのオーバーリアクションはやめてもらいたいね。まあ演出上やらされていると思っているが、彼女の名前を下げるだけだと思う。何の演技にもなっていないもん。

 それにしても、若尾文子さんはすごいね。さすがにお顔のしわは隠せませんが、背筋がピンと伸びており、まだまだお若い。それに対し、斉藤某は中年ぶとりで背筋が曲がりこの先は無いわな。まさか、演技のために太ったわけじゃないだろうに。

太平洋の奇跡

 昨日、太平洋の奇跡という映画を見に行った。レイトショーなので、午前様である。

 さて、この映画は、太平洋戦争中のサイパン島での大場栄陸軍大尉の戦いを描いたものである。

 内容的には、大場大尉の巧みな戦術により米軍が翻弄されたことになっているが、映画ではその実感が感じられない。なんというか、中途半端な感じでした。

 大場大尉を演じた竹野内豊、堀内一等兵を演じた唐沢寿明、金原少尉を演じた板尾創路が好感が持ててよかったです(敬称略)。

 全体的な評価は、フォックスと呼ばれた理由である巧みな戦術を描いてもらいたかった。

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ