野尻湖周遊

 行き先が決まらず、登山準備ができなかったので気軽に歩ける野尻湖の周遊に出かけました。
 早朝は、朝霧が湖面から上がり、なかなか綺麗です。Rimg4389 湖の周囲の船宿には、釣り人が集まっています。出発地点は町営駐車場です。スタート後、ぐんぐん高度を上げていきます。湖面は相当下となります。周囲のモミジはほぼ終盤です。

 周遊コースにこれといった見所はありません。まあ景色だけですかね。唯一の見所は菅川の子安地蔵尊くらいかな。Rimg4399 このコース上にはトイレの在処が偏っており、湖尻周辺のほかは菅川集落にしかありません。ということでご用心を。
 この日は晴天で、黒姫山がよく見えます。Rimg4411 途中でちょっと不思議なものが、Rimg4407  鳥の巣でした。このド派手な鳥の巣に鳥は来るのでしょうか。

 菅川集落を過ぎると、廃屋となった学校寮や別荘が多くみられます。屋根に落ち葉が積もっており陰鬱な感じがします。
 今までは舗装された車道ですが、象の小路に入ります。Rimg4419 ようやく散策路といった感じ。Rimg4429 滑り落ちたら湖面まで止まりそうにありません。
湖には多くの船が出ており、ワカサギやブラックバスを釣っているようです。時々船外機の音がするだけで静かな時が過ぎます。Rimg4435 さて、湖尻が近づいてきました。本日は消防の訓練のようで消防団の方が多く出ています。観光シーズンも終わっているので観光客の姿も見られません。
 約3時間で15.3キロを歩きました。Rimg4440  危険個所はありませんが、湖尻付近以外にはトイレや自動販売機はありませんのでその点はご注意を。

甲武信ケ岳

 台風が近づいてきたので、近場の甲武信ケ岳に登りました。
登山口は川上村の毛木平です。駐車場はご立派で水洗トイレまであります。ただし、照明がないので明かりは必要ですな。

 登山開始は5時30分過ぎ。それにしても人少ないな。駐車場には4台しか停まっておらず、一組が先行して出発していきました。ただし、釣り人でした。

 ナメ滝付近から降雨が始まりました。Rimg4243 雨合羽ではなく、ポンチョにレインチャップス、釣傘で快適に登っていきます。
源流標でちょっと一杯。もちろん水です。Rimg4247  源流標から稜線までは急登ですが、距離が短いので短時間で登れます。りょせんに出ると直にガレ場にでて山頂となります。Rimg4249 山頂からは金峰山方面がかろうじて望めます。Rimg4251  百名山ということで登山者も多いかと思いましたが、結局山小屋関係者と思われる3名だけでした。登山道脇にはキノコが結構あり収穫のある登山となりました。

上高地

 上高地の散策に出かけました。
 当然、上高地入山は「徒歩」!Rimg4089 まだ、5時前なので、釜トンネルは車両通行止です。それにしても、釜トンネルは勾配がきついわ。
 大正池付近になると、周囲も明るくなります。こちらは、逆さ焼岳です。Rimg4096  実は気になっていることがあって、西穂付近の稜線にヘッドライトの明かりが見えました。それも奥穂から西穂に向かって。この時間に奥穂から西穂に向かう登山者っているのかな。
 大正池ホテルから大正池に出て、田代池に向かいます。この頃になると車道をタクシーやバスがどんどんやってきます。

 次はウエストン碑Rimg4100
 定番ですな。河童橋まで来ると観光客が増えてきます。そのまま明神、徳沢、横尾と足を進めます。Rimg4101 天候もよろしく、楽しい散策でした。Rimg4117
Rimg4123
 

白馬岳

 白馬岳に登りました。

 予定では、唐松岳だったのですが、黒菱までの道路が閉鎖中であり、さすがにゴンドラ乗り場から歩く道も知らないので、急遽白馬大雪渓経由の白馬岳に計画変更しました。

 猿倉の駐車場は10台程度で空いています。朝焼けなので、天候は悪くなるかな。まあ引き返せばよいということで猿倉を出発です。Rimg3762 山荘前には5人ほどの登山者が準備をしていましたが、とりあえず先行します。登山道には既に先行者が1名いるようです。Rimg3763 白馬岳が見えますが、いつまで天候が持つのでしょうか。
 白馬尻が近づくと花が多くなります。シラネアオイが見事に咲いています。Rimg3766 キヌガサソウも群落をつくっています。Rimg3773  白馬大雪渓からの白馬岳は20年ぶりくらいでしょうか。その当時に比べ雪が結構汚れているような気がします。
 葱平からはシナノキンバイが多くなります。小雪渓はステップが昨日の雨で流れており、アイゼンなしでは怖くて横断できないかな。Rimg3791 頂上宿舎の近づくと、ウルップソウが満開です。小屋の前では雷鳥のつがいがいました。Rimg3797 稜線に出ると、かろうじて毛勝山が見えます。山頂に向かって登っていきますが、白馬山荘付近から降雨となってしまいました。ということで、小屋の軒を借りて暫し休息です。
 20分ほどで雨がやみましたので、山頂を目指します。登山道脇にはツクモグサも咲いています。Rimg3807 山頂は雲の中で展望が利かないので、さっさと下ります。Rimg3809 昨年も白馬岳に登ったのですが、やはり降雨で早々に撤退しています。どうも白馬岳は天候的には×ですな。

 下っていくと、登山者が続々と登ってきます。天候が良くなればよいのですが。Rimg3825

乗鞍岳

 三本滝から徒歩で乗鞍岳に出かけました。
24日が天空マラソンなので、三本滝の駐車場が閉鎖されていたのには焦りましたが、ちょっと路肩を拝借して無事に登山開始です。朝焼けなので、天候は悪くなるかな。Rimg3664 夏至のころなので、明るくなるのも早く、最大の敵である「クマ」との突然の遭遇も回避できるかな 。

 残雪があるのですべて車道歩きでしたが、車道脇には花々がたくさん咲いていました。Rimg3674Rimg3682 高度を増していくと、車道脇には雪の壁が現れます。Rimg3706 この時期は、春山登山バスの時期なので、早朝は登山者はいません。ということで、山頂まで誰とも会いませんでした。山頂からは360度のパノラマを楽しめました。Rimg3721 下りの途中でようやく登山者とすれ違います。たぶん、岐阜県側からのバスで登ってきた方でしょう。
 肩の口の車道からは降雨となったので、雨用の完全装備で下りました。Rimg3737 下りと途中で2名の方に抜かれましたが、明日のマラソン参加者でしょうか。それにしてもタフですな。あと、肩の口から中華系の女性2名が雨の中歩いて下ってきましたが(位ヶ原山荘まで下ってくるのを確認できました)、無事下山できたのでしょうか。

霧ヶ峰

 昨日の平標山は天候がよろしくなかったので、ちょっと消化不良気味かな。
 ということで、近場の霧ヶ峰に出かけました。霧ヶ峰はこの時期はレンゲツツジですかな。
本当は、車山の肩に駐車したかったのですが、「満車」。ということで強清水まで車を進め散策しました。Rimg3636
 天候もよく、八ヶ岳もよく見えました。それとお目当てのレンゲツツジも満開でした。Rimg3640 帰りはちょっと寄り道して、クリンソウを愛でました。Rimg3656

平標山

 花の名山、平標山に出かけました。

 天候の悪化は予想されていたのですが、逆に空いているということも加味して登りました。

 案の定、朝から霧雨でしたが、登山者もほとんどなく、花を楽しむことができました。Rimg3619 ハクサンコザクラは終盤でしたが、ハクサンイチゲはちょうどよかったのかな。Rimg3594 来年は、展望の良い時に登りたいと思います。

八ヶ岳にツクモグサを見に

 毎年恒例のツクモグサ詣でに出かけました。
天候がちょっと心配だったのですが、花の時期は限られるので決行することにしました。
 登山口である海ノ口別荘の駐車場は、悪天候を予想してなのかガラガラでした。
 スタート時点で小雨がぱらつくこともありましたが、八ヶ岳林道あたりからは、横岳がよく見えました。Rimg3524 今回登る杣添尾根は、横岳には最短なのですが、急登ですな。昨年は2500m付近から残雪で苦しめられましたが、今回は苦にするような残雪はありませんでした。
 ハイマツ帯に出ると、八ヶ岳の稜線が綺麗に見えます。Rimg3535  今回の目的のツクモグサは、横岳の三叉峰のすぐ左手の諏訪側の斜面に群落を作っています。Rimg3551 この時期に八ヶ岳を登山する方は、ツクモグサ目的の方が多いので、情報交換は楽にできますね。Rimg3546 今年は楽しい山旅となりました。 

遭対協救助訓練

 山岳遭難防止対策協会の遭難者救助訓練に参加しました。
久々ですなー。3年ぶりくらいでしょうか。この時期は仕事の都合でなかなか出れなかったのですが、今年はちょっくら空いたので参加しました。
 今回は、ビーコンとゾンデを使った冬山遭難者救助訓練とAEDの実技訓練でした。
 参加者は遭対協隊員(ほとんどいなかった)とスキー場パトロール隊員、地元の医療専門学校の学生さんでした。
 技術は日進月歩であり、いつまでも昔の知識でやっているととんでもないことになるので、今回参加してよかったですよ。
 地元のケーブルテレビが取材に来ていたので、そのうち放映されるかな。

蝶ヶ岳

 13年ぶりに蝶ヶ岳に登りました。
天候の不安もありましたが、勝手な予想で「晴れ」。朝の5時から登り始めました。
 駐車場は午前2時の段階で満車状態。5時前から登る方が多くいましたが、常念岳方面が多かったようです。
 稜線近くまでは、雲中だったのですが、稜線近くから晴れ。大展望に恵まれました。Rimg2967 槍ヶ岳方面もバッチリです。Rimg2970   山頂で1時間ほどのんびりして下山しました。安曇野側から雲がどんどん湧いてきていました。Rimg2969

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ